キャラクター紹介

吉川七星(よしかわななせ)

私立明王高校2年生。ある日毎月買っている天文雑誌『月刊星空』でプラネタリウム解説コンテストの存在を知り、大会出場を目指すため親友の湯川一加を誘う。

吉川七星

湯川一加(ゆかわいちか)

七星のクラスメイトで幼馴染。成績優秀。まじめでコツコツタイプの彼女がなぜ七星と親友なのかは謎。

湯川一加

宮沢賢二(みやざわけんじ)

私立明王高校2年生。高校生にして作家デビューを果たす。授業中はもっぱら新しい作品の構想を練っている。

宮沢賢二

鳩谷三郎(はとやさぶろう)

私立明王高校の新米教師で七星と一加のクラス担任。生徒たちに近づこうとする熱血教師ぶりは生徒たちをより遠ざける。

鳩谷三郎

五島五月(ごとうさつき)

明王高校出身で母校で教鞭をとっている数学教師。七星の担任鳩谷三郎とは高校時代の同級生。弓道部と茶道部の顧問を兼任している。

五島五月

江戸四葉(えどよつば)

私立明王高校1年生。悩める漫画描き。鬱憤が溜まると同じクラスで幼馴染の新六大陸に八つ当たりするのが日課。

江戸四葉

新六大陸(あたらしりく)

私立明王高校1年生。人を楽しませることが好きで、いつも何か新しいことを探している。江戸四葉とは幼馴染。

新六大陸

碧さん(あおいさん)

宇津巻市青少年科学館のプラネタリウム解説員。元声優という異色の経歴を持つ。七星達の良き理解者。

碧さん

月見里凛(やまなしりん)

県立布良星(めらぼし)高校科学部天文班班長。プラネタリウム解説コンテスト優勝を目指す七星のライバル。

月見里凛

南雲佑(なぐもたすく)

県立布良星(めらぼし)高校科学部部員1年。天文班班長である凛を尊敬しており凛の敵は己の敵と認識する。

南雲佑

佐々木館長(ささきかんちょう)

天文学者であり宇津巻市青少年科学館の館長。掴みどころがない人物。月見里凛は姪にあたる。

佐々木館長

谷岡学(たにおかまなぶ)

日本宇宙技術機構JSTA(ジャスティア)の宇宙飛行士。プラネタリウムがきっかけで七星や凛たちと関わることになる。

谷岡学

石川島さん(いしかわじまさん)

JSTA広報部企画運用室の所属。仕事は出来るがミスもやらかす。しかしそれをなかったことにする能力に長けている。

石川島さん